転職で面接官に好印象を与える志望動機+αの準備をする方法

転職するなら面接は避けては通れませんよね。
数多くの転職希望者がいる中で内定を勝ち取るにはそれなりの準備が必要になってきます。

ここでは面接官の印象に残る志望動機などの準備の仕方をまとめてみました。

転職時の志望動機でアピールすべきこと

履歴書や面接で必須の項目である志望動機。
まずはその会社を選んだ理由をしっかりと盛り込みましょう。
転職ノウハウ本やネットに載っていない「自分の言葉」で伝えると面接官の心に響きます。

次に自分を雇うことで会社にどんなメリットがあるかを説明します。
能力やスキル、得意なこと、熱い思いなど何らかの形で会社に貢献できることを考えましょう。

そして、自分が今まで経験してきたエピソードを紹介します。
過去にどんなことがあり、それに対して自分はこのように行動し、お客様に喜んでもらえたなど成功体験を語ることで志望動機全体にリアルさが出てきます。

面接に臨む前に、志望動機の他によく聞かれる基本的な質問は以下のサイトをチェックして準備おきましょう!
https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/mensetsu

転職活動で面接官に好印象を与えるには

しっかりした志望動機という面接の土台ができたら、プラスαで面接官に好印象を与える情報を準備していきましょう。

企業研究はしっかりできているでしょうか?
会社の製品やサービスの情報は、ネットでも調べられることは知っていて当然です。
その製品やサービスに対する自分なりの考察を持っておきましょう。
お客様の背景やニーズを理解し、想定される要求や問題点などイメージを明確にしておくことが望ましいです。

また、面接時の質問には誠実な受け答えをすることが大切です。
お客様と接するような仕事では、真摯な受け答えや社会人マナーが身についているということはかなりポイントが高いです。
多少本筋とはズレた質問をしても動揺することなく、自分の考えを答えることができる人は機転が利いているとして高評価になります。

最後になりますが、面接中は表情が硬くなりがちです。
笑顔を少しでも作るだけで印象は変わってきます。
笑顔は意識していないとなかなかできませんので、本番では忘れないようにしてくださいね。