ドローンの仕事や資格にはどんなものがある?

少し前までは飛ばして遊ぶおもちゃのようなイメージの強いドローンでしたが今では高性能なものも数多く登場し、その「できること」は多岐に渡っています。

ここではドローンが必要とされる仕事やその資格、価格による違いなどをご紹介します。

ドローンの価格による違いとは

ドローンの価格は安いものから高いものまでいろいろありますが、その違いはどこにあるのでしょうか?

主として飛ばして遊ぶためのドローンはホビードローンと呼ばれ、価格は1000円程度から買えるものもあるなど安価のものが多いです。

仕事用に使われるドローンはパーソナルドローンと呼ばれ、10万円を超えることもあるなど高価なものが多いです。
もちろん性能は高く、安定した飛行や映像を撮ることができます。

ドローンでできる仕事

ドローンの仕事として一番有名なのは、やはり空撮でしょう。
お客様の要望に応える映像を撮るだけでなく、編集や加工までする場合もあります。

また、最近工事現場などではドローンを利用して測量をする場合もあります。他には農薬散布や太陽光発電所の検査業務などもドローンが活躍しています。

「ドローンの資格」がある?

現在はドローンを飛ばすため必須の資格というものはありません。

しかし、持っていると技能の照明や許可申請の際に役立ついろいろなドローンの資格があります。
無人航空従事者試験(ドローン検定)、DPA操縦士資格など現在5つの民間資格・公的資格があります。

これからドローンがさらに普及していくと、ドローンの国家資格も整備される可能性があるかもしれませんね。