「カフェラテ」と「カフェオレ」はいったい何が違うの?

普段何気なく飲んでいるカフェラテやカフェオレですが、その違いは何だかわかりますか?
どちらもコーヒーにミルクを入れたものですが、ちょっとした違いがあります。

ということで、両者の違いについて解説です!

カフェラテとは

カフェラテの「ラテ」とはイタリア語でミルクを意味します。

コーヒーの抽出方法はいろいろありますが、カフェラテの場合はエスプレッソ抽出したものになります。

エスプレッソ抽出したコーヒーは通常のブレンドコーヒーに比べて、量は少ないものの濃厚な味わいになります。
また、圧力をかけて短時間で抽出するためカフェインはあまり溶け出さないので、通常のコーヒーよりカフェイン含有量は少なくなるようです。

カフェラテはエスプレッソ抽出をしたコーヒーにスチームで温めたミルクを加えたものになります。
割合はエスプレッソコーヒー2:ミルク8と、ミルクが多めになっています。

ちなみに温めたミルクを泡立てて混ぜるとカプチーノになりますよ。

カフェオレとは

カフェオレの「オレ」とはフランス語でミルクを意味しています。
先ほどのカフェラテはイタリア語でしたが、こちらではなぜかフランス語になっていますね。

カフェオレのベースとなるコーヒーはエスプレッソ抽出でなく、ドリップ抽出した濃いめのコーヒーになります。
このコーヒーにスチームで温めたミルクを加えたものがカフェオレになります。

割合はコーヒー5:ミルク5と半々になっています。

コーヒーの抽出方法やミルクを泡立てるかどうか、またコーヒーとミルクの割合などでコーヒーの種類は様々に分かれます。
今度お店でカフェラテとカフェオレを飲み比べてみてはいかがでしょうか?