レストランで使える英語表現!予約をしてみよう

海外旅行でちょっと不安になるのがレストランでの会話ですよね。
上手く注文できるかどうか心配な人もいると思います。

そこで、レストランで使える英語表現や予約の取り方をまとめてみました!

レストランで予約を取るための英語表現

レストランで予約を取るためには日時や人数を伝える必要がありますね。

I’d like to make a reservation for two at seven (for) tonight.
「今夜7時に2人で予約をしたいです」

このような形が基本となります。
予約をお願いすると、次に名前や連絡先を聞かれます。
名前はたいていファーストネームだけでOKですが、日本人の名前は外国人には聞き取りにくいことが多いので注意が必要です。

レストランで使える英語フレーズ

予約をしていないレストランのお店に入ると、店員さんが「Table for 2?」2名様でしょうか?というように声をかけてきます。
2名でいい場合はそのままYes、違う場合はNo,3.のように答えましょう。

レストランで席に着くと、

Can I start you off with some drinks or appetizers?
「飲み物や前菜はいかがですか?」
と聞いてきますので、コーラがほしいときはCan I get a coke?「コーラをもらえますか」、飲み物は水でいいときは、Just water, please.「お水でいいです」のように言います。

飲み物を持ってきた店員さんは、

Have you decided?
(注文は)お決まりになりましたか?

と聞いてきます。決まっている場合はYes, I’ll have ○○のように注文を伝え、まだの場合はGive us a few more minutes.「もう少し時間を下さい」と答えましょう。

ひとまずこれだけのフレーズが分かればレストランで食事をすることができます!
余裕ができてきたら店員さんとの会話を楽しむのもいいですね。