地震を前もって知る方法はある?前兆や予言について

もともと日本は地震の多い国ですが、ここ数年は特に強めの地震が多いように感じます。
どうにかして地震から身を守る方法はないのでしょうか?

ここでは地震の前兆として言われているものや、地震の予言について調べてみました。

地震の前兆にはどんなものがある?

地震の前兆には様々な自然現象があると言われていますが、ここでは一例として東日本大震災の時の様子を見ていきます。

東日本大震災当日は3月11日ですが、その前日の10日に気仙沼市の住民は激しい海鳴りとキジの鳴き声を聞いていたそうです。
住民の中にはこういった現象が地震の前兆であることを知っている人もおり、地域に根付いた伝承であったようです。

キジをはじめ動物たちの中には異変を敏感に察知するものも多く、日ごろから身の回りの動物を観察しておいた方がよいでしょう。
また、地震の前には地震雲が現れることもあるため、動物と合わせて空の様子にも注意しておきましょう。

地震の予言は当てになるのか

現代の地震学では、地震を正確に予測することは難しいと言われています。
地震が起こるメカニズムはわかっても、その前段階を捉えることはまだできないようです。
今後地震学で地震の予測ができるようになるのはかなりの時間が必要になるということで、他の手段で自信を予測する方法の一つが「予言」です。

予言というとオカルトのイメージですが、完全にそういったものと割り切ってしまうこともできません。
複数の予言者が同じ現象を予言したり、過去の文献で予言を的中させている人もいたりします。

こちらのサイトでは日本で数年内に発生するという地震の予言を紹介しています。
https://soyokazesokuhou.com/2018jishin/

もちろん科学的な根拠はありませんが、知っておくだけでもいざというときの行動に差が出るかもしれませんね。