台風について知る!進路予想方法やチェックにおすすめのアプリとは

夏場の天気予報を見るときは台風情報が気になりますよね。
特に日本に近づきつつある台風の進路は毎日チェックしていると思います。

ところでその進路はどのように予想しているのでしょうか?
また、合わせて台風情報をチェックするのに便利なアプリについても調べてみました。

台風の進路予想方法とは

台風の進路予想図は誰でも見たことはあると思いますが、その予想はどのような方法で立てられているのでしょうか。

台風の進路を決めるのは主に「太平洋高気圧」です。
台風は気圧の低いところへ向かう傾向があり、高気圧に沿って気圧の低い方へと流れていきます。
太平洋高気圧は季節によって位置が変動するのですが、夏から秋にかけては勢力が弱まるため日本付近に台風が近づくことが多くなります。

そのため台風の進路予想は台風自体の動きより、太平洋高気圧をはじめとした気圧配置を読むことが重要になります。

台風情報をチェックするならこのアプリ

天気アプリの中には台風情報に特化したものもありますが、ここでは普段使いもできて台風情報もチェックしやすいアプリを選んでみました。

アプリを起動してから台風情報をチェックするまでステップで比較すると、
【3ステップのアプリ】
「Yahoo!天気」「そら案内」

【2ステップのアプリ】
「ウェザーニュースタッチ」「天気ライブ」

【1ステップのアプリ】
「tenki.jp」

ということで一番ステップ数が少ないのはtenki.jpでしたが、他のアプリも人気の天気アプリだけあって3ステップ以内で見ることができ、それほどストレスは感じません。
画面のレイアウトやほしい天気の情報の種類など、自分に合ったものを選ぶといいですね。

ちなみに以下のサイトでは台風を含めた災害に備えておくためのアプリが紹介されています。
http://www.appbank.net/2014/03/11/iphone-application/768723.php

地震や大雨など何かと災害が多い今、備えあれば憂いなしですよ!